輸出入ビジネスで自由を手にする方法

YouTubeの収益化プログラム2019-02-13(水)

柿沼です。

 

情報発信の再開にあたり
「どんなテーマが良いかな」と
ずっと考えていたのですが

 

やはり

 

ビジネスを中心に
コミュニケーション
体調のコントロール
時間の使い方
など

 
ぼく自身が
「より楽しく人生を過ごすためにはどうすれば良いか」
と考えて勉強・実践してきたことをお伝えするのが
読者のみなさんにとってもぼくにとってもベストだな
という結論になりました。

 
・ぼくが勉強していて楽しいもの
・読んだひとの人生が少しでも楽しくなるもの
それがテーマです。

 

 

 

 

 

そんなわけで
「最新の物販ビジネスのノウハウだけガンガン教えろやー」
というタイプのひとには向かないので
登録解除をおすすめします。

 

 

 

 

 
前置きが長くなってしまいましたが・・
さっそく今日のテーマ
「YouTubeの収益化プログラム」についてです。

 
ぼくが情報発信を休んでいた時に
力を入れて取り組んでいたビジネスのひとつに
メディア運営があります。

 
ぼくは2015年ごろから
「今後のEC事業者にとって、
オウンドメディアを持つことが最強の戦略だ」
と考えるようになり
商材の専門店化とメディアの構築をはじめました。

 
具体的には
ブログ、SNSそしてYouTubeチャンネルです。

 

商材も様々で
日本国内向け、海外向けといろいろ試しており
うまくいっているものもあれば
全然だめで、すでに撤退したものもあります。

 

 

 

新しいビジネスを行うときは
トライアンドエラーを繰り返して
ねばり強く取り組むことがたいせつです。

 

 

 

 

 

もともとは
オウンドメディアからECサイトにアクセスを送ることを目的として
脱プラットフォーム的な視点から取り組んだのですが
最近ではメディア単独での収益化もはじめました。

 

 

 
商材やテーマにもよりますが
みなさんがメディア単体で月間数万円の
広告、アフィリ報酬を発生させようと思ったら
ブログ→月間十万アクセス
SNS→3000フォロワー
くらいを目標にするといいですね。

 

 

 

 

 

いっぽう、YouTubeについては
以下の条件を満たしていないと広告の表示すらできません。

 

①過去12ヵ月間の総再生時間が4000時間
②チャンネル登録者数1000人以上

 
①は、動画の投稿数を増やせば
それほどむずかしくないのですが
②はチャンネルのテーマに軸がないと
達成までに時間を必要とします。

 

 

 

うちで運営しているYouTubeチャンネルの1つが
最近はじめてこの「収益化条件」を満たす事ができました。

 
更新頻度は月3〜5本ほどしかないので時間はかかりましたが
最近は1日10〜15人ずつくらい登録者が増えています。

 

 

 

 

 

このチャンネル登録者数の増加を時系列でみてみると
おもしろいことに、動画の投稿数に単純に比例するのではなく
指数関数的に増えていました。

 

これは過去にアップした動画が
関連的に再生されているのが1つの原因でしょう。

 

また、YouTubeの検索と
関連動画表示のアルゴリズムも関係している事が予想されます。

 

 

 
今後はこのあたりをしっかりと研究して
チャンネル内で上手く回遊してもらう流れを作りつつ
動画の配信頻度を増やします。

 

 

 

ぼくらはまずは、
10万人登録(シルバークリエイター)を達成して
あの有名なYouTubeの盾をもらうことが目標です。笑

 

 

 

YouTubeは
テレビとブログとSNSの
中間にあるような存在感で
専門店化された店舗の物販とは
相性が良いと感じています。

 
興味がある方はすぐに実践してみると良いと思いますよ。
それでは、また。

 

 

 

【あとがき】

 

「情報発信復帰宣言」をした直後
インフルエンザでダウンしてしまいました。
今年はすごいみたいですね。

 

体調大丈夫でしょうか?
ぼくは小学生いらいのインフルエンザです。

 

きのうあたりから体調が戻ってきたので
すこしずつ生活リズムを戻しています。

Lメールマガジン

*メールアドレス
*お名前

~著書

Amazon個人輸出 はじめる 実践テク103
Amazon個人輸出はじめる 超実践テク103
柿沼 たかひろ
技術評論社
発売から5日でAmazonランキング1位を獲得した、Amazon輸出ビジネスのバイブル本

カテゴリー