輸出入ビジネスで自由を手にする方法

オリジナル商品(OEM含む)の販売方法2018-03-10(土)

こんにちは、柿沼です。

前回に引き続き締め付けの厳しくなった
Amazonサスペンド対策についてです。

 

現状でのサスペンド対策は
1.正規の販売代理店契約を取得して販売する
2.オリジナル商品(簡易OEM含む)を販売する

が有効だとお伝えしましたが
今日はオリジナル商品販売についてお話しします。
まずAmazon輸出においての「オリジナル商品」の定義は
「自分だけが独占的にカタログに出品できるカタログ」と考えてください。

 

上記の状態を作るには

・セット品
・簡易OEM
・完全なオリジナル商品
などのやり方の他に、前回話した独占販売権を取得した商品でもOKです。

 

 

そして、オリジナル商品を販売する場合も
商品リサーチが最も重要になってきます。
ただし、オリジナル商品のリサーチは
相乗り出品をする場合とは考え方を大きく変える必要があります。
相乗りのリサーチは
1.売れているカタログを探す
2.利益計算
3.仕入れ数量の決定

という単純な流れを機械的に繰り返せばOKです。

 

一方でオリジナル商品のリサーチは
・売れそうな商品を探す
・同じようなカタログを分析する
・テスト販売を行う
・カタログを作り込む
・アクセス数や成約率を分析する
・広告を出し効果を分析する

など多くの作業が必要になってきます。
更に、相乗り販売に比べて失敗する確率も大きく上がるので
なるべくリスクを少なく、たくさんのトライアンドエラーを繰り返す事も大切です。
その分、売れる商品カタログを作れた時は
利益率高く、サスペンドのリスクも少ない状態で販売を続ける事が出来ます。

 

今後のAmazon輸出は
正規販売権を持たず、オリジナル商品も作れないセラーには
厳しい市場になる事が予想されます。
今日から、6ヶ月ぶりにコンサル募集を開始しますが
今回は正規販売権の獲得とオリジナル商品作りにフォーカスした内容にします。

コンサルの詳細とお申込みはこちらになります。
https://shu-kaki.com/amazon-export-consulting/

 

コンサルについて質問などあれば、Skype相談も受付けますので
SkypeIDとSkypeご希望の日時を3つ以上ご連絡ください。

 

それではまた。